アウディを高額買取してもらうため極意

アウディを高価買取してもらう方法ナビ  » アウディの人気車種の買取相場をチェック » Q7

Q7

アウディQ7はアウディ初のSUV(Sport Utility Vehicle, スポーツ・ユーティリティ・ビークル)4輪駆動車で2005年の9月にフランクフルトで行なわれたIAA2005で市販車が発表され、2013年8月に販売を終了しました。
こちらではアウディQ7の特長、一般的な買取、取引相場についてご紹介します。

Q7シリーズの特長

アウディQ7は全長5090×全幅1985mmという大柄なボディで、余裕あるラゲッジスペースと、大人7人が充分にくつろげる3列シート(2列目シートは個別に前後調整が可能)の室内空間を実現しています。

エンジンは4.2L V8で、アウディ自慢のquattoro(クワトロ:4WD)システムにより、ラフロードでの高い走破性とダイナミックなオンロード性能を両立しています。

2010年モデル以降は、エンジンが272psを発揮する3L V6スーパーチャージャーとなっています。

プラットフォームは、ポルシェ・カイエンやフォルクスワーゲン・トゥアレグと共通のフォルクスワーゲンL7型で、フロントとリヤに40:60の割合でトルクを分配するクワトロ・フルタイム4WDシステムが採用されています。

リヤビューカメラ付アウディパーキングシステム、左側ドアミラー下のサイドビューカメラなど、ドライバー支援システム、ヒルディセントアシスト(坂道走行時のアシスト機能)、RSP(ロールスタビリティプログラム)など複数の機能が一体化された安全システムESP(エレクトロニックスタビリゼーションプログラム)が標準装備されています。

※quattoro:4輪のトラクション性能を最大限に発揮するアウディ独創のフルタイム4WDシステムで、溢れるパワーを全て路面に伝え、走行性能を高める。
通常時は「フロント40%:リヤ60%」のトルク配分で路面状況に応じて前後輪の駆動力をアクティブに変化させ、コーナリング時には「トルクベクタリング」によりコーナー内側タイヤのブレーキ調整を行いアンダーステアを打ち消すため、ダイナミックにコーナーを駆け抜けることが可能。

アウディQ7シリーズの中古車販売価格と下取り相場

グレード名/販売価格(万円)年式

  • 3.0 TFSI quattoro S-line/ 586~600/2011~2012

グレード名/ 販売価格(万円)/ 年式

  • 3.0 TFSI quattoro S-line/748~783/2010~2012
 
納得できるアウディ買取業者の選び方